スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイチ大地震 国際医療チームが成田空港に帰国(毎日新聞)

 ハイチ大地震の被災地へ派遣されていた外務省職員や医師、看護師らの国際緊急援助隊医療チーム25人が29日、成田国際空港に帰国。16日に出発し、首都ポルトープランスの西40キロのレオガン市で、534人を治療した。

【関連ニュース】
ハイチ大地震:PKOで調査チームを派遣 政府
ハイチ大地震:PKOで陸上自衛隊を派遣 政府が方針
社説:ハイチPKO 復興に日本の経験を
震災障害者支援:法改正含め対応へ 「阪神」で後遺症
バンクーバー市:ハイチ支援に五輪の垂れ幕を市民に販売へ

18年ぶり対峙「反省していないのですか」と菅家さんの声に、元検事は謝罪せず 足利再審(産経新聞)
明石歩道橋事故 元副署長を強制的起訴へ 検察審が議決(毎日新聞)
早くも花粉飛び始めた! 東京、神奈川すでにシーズン突入(J-CASTニュース)
衆院予算委 「貧乏人は喫煙するな」か! 民主・吉田公氏、増税批判(産経新聞)
種子島で震度4、震源は大隅半島沖(読売新聞)
スポンサーサイト

ヴィトン強盗団、今度は大阪!通行人目の前で正面ガラス割り侵入(スポーツ報知)

 21日午前5時25分ごろ、大阪市中央区南船場の「ルイ・ヴィトン大阪心斎橋店」に、男3人が店正面のガラス製のショーウインドーを割って侵入し、バッグや時計、貴金属など35点、約900万円相当を盗んで逃げた。大阪府警南署は窃盗容疑で捜査し、男らの行方を追っている。犯行当時、店内は無人で、けが人はいなかったが、通行人がいる中での大胆な犯行だった。

 南署によると、男らは白っぽい車を側道から歩道に乗り上げて店の前に横付けしたという。いずれも黒っぽい服で、うち1人は白いマスク姿だった。あらかじめ持っていた棒のような物で厚さ2センチのガラスを割り、縦1・5メートル、横0・6メートルの穴を開けて、店内に侵入。警報機が鳴ったが、お構いなしに盗みを続けた。犯行後は、車で東の堺筋方向へ逃げて行ったという。

 男らがガラスを割って店に侵入するところを通行人が発見し、警察に通報したが、警察官が駆けつけるまでの、わずか数分間のうちに男らは逃走したという。侵入した3人のほか、車で待機していた人間がいたかは不明。同店は防犯カメラを1階フロアだけでも十数台備えるなど、厳重な防犯態勢を敷いていたが、それをまるで気にしていない犯行ぶりに南署は「大胆と言うしかない」とあきれている。防犯カメラの映像は警察へ提出された。

 「ルイ・ヴィトン ジャパン カンパニー」本社(東京都港区)の広報担当者は、詳細については「ノーコメント」としている。同店は、この日も午前11時から通常通り営業。ガラスが割られた現場に張られたブルーシートを見て、足を止める通行人もいたが、店内は客でにぎわっていた。

 現場は大阪市の中心部を南北に結ぶメーンストリート「御堂筋」と「長堀通」の交差点で、繁華街・ミナミの一角。百貨店や、カルティエやシャネルなど高級ブランド店が立ち並ぶ。すぐそばに地下鉄「心斎橋」駅の出口があり、始発電車が動き出す時間帯の犯行だった。

 【関連記事】
南船場 ルイ・ヴィトン 大阪府警 を調べる

景気対応緊急保証、医療・介護も対象に―直嶋経産相(医療介護CBニュース)
<ポカポカ陽気>もう春?延岡で20.4度(毎日新聞)
元郵便局長を横領容疑で逮捕=客の保険金など8億円か-静岡県警(時事通信)
<訃報>木原実さん93歳=元社会党衆院議員(毎日新聞)
「学校に爆弾」とメール送信容疑、中3男子逮捕(読売新聞)

鳩山政権の政治主導は「疑問」 古川元官房副長官(産経新聞)

 村山内閣から小泉内閣で事務の官房副長官を務めた古川貞二郎氏が22日、自民党本部で開かれた党の会合に出席し、鳩山政権が掲げる政治主導に「疑問がある」と批判した。具体的には(1)政治主導と政治家主導の混同がある(2)公務員を排除する傾向がある(3)行政・統治システムの大幅な変更が拙速すぎる-と指摘。「変更する場合の手順を十分踏むべきなのに、非常に独善的な感じがする」とも述べた。

【関連記事】
「日米関係にひび入り始めた」 鳩山外交で北の機関紙
首相、勘違い? 朝三暮四と朝令暮改を混同
「G7で人民元を議題に」菅財務相が火消し 全面否定で中国に配慮 
傷口広げた政治判断の遅れ…日航経営破綻
小沢氏が民主党に「破滅」もたらす 英紙論評

<火災>ビルの1室焼け、1人暮らしの70歳死亡 東京(毎日新聞)
自民の予算対案は総額89兆円 子ども手当、戸別補償などカット(産経新聞)
小沢氏「隠し立てするものない」…記者会見(読売新聞)
<原発>管理区域内にたばこの吸い殻 敦賀、東海第2、美浜(毎日新聞)
囲碁十段戦、挑戦者に山下棋聖(産経新聞)

内側にさび、缶入りパン15万個自主回収(読売新聞)

 パンの缶詰を製造している「パン・アキモト」(栃木県那須塩原市)は、商品の缶の内側がさびている可能性があるとして、約15万個を自主回収すると発表した。

 回収対象となるのは、商品名「缶入りソフトパン」と「Q急ベーカリー」の2種。2007年8月~08年1月頃に販売したもので、缶の底に印字されたロット番号は「AB3668~AB3769」「OK3519~OK3632」。同社は食べても健康に影響はないとしている。

 問い合わせは、お客様相談窓口(0120・683・558、平日午前9時~午後5時)。

ペルー人少年の在留認める=脳腫瘍手術、国外退去訴訟-東京地裁(時事通信)
常総線踏切で列車と衝突、軽乗用車の女性けが(読売新聞)
岸和田周辺でひったくり5件、同一犯か 大阪(産経新聞)
<振り込め詐欺>09年の被害、過去最少 それでも月8億円(毎日新聞)
「鳩山vs谷垣」初対決…偽装献金・小沢氏問題(読売新聞)

「おれはやくざだ」渋谷の飲食店に強盗(産経新聞)

 20日午後2時半ごろ、東京都渋谷区道玄坂のたこ焼きバー「ゴールデンボール」で、店内に入ってきた男が「おれはやくざだ。金を貸してほしい」などと言い、カウンター内にいた女性店長(27)にジャンパーの内側から拳銃(けんじゅう)のようなものをちらつかせて脅し、売上金など計6万円を奪って逃走した。警視庁渋谷署は強盗事件として捜査している。

 同署によると、男は水を注文した後、約30分間店に出入りを繰り返し、電話で「金を取り立ててこい」などと怒鳴ったり、業者に現金を支払う女性店長に「金があるじゃないか」などと声をかけたりしていた。

 女性店長が売上金5万円が入った封筒を手渡すと、男は「少ない」などと言い、現金をさらに要求。女性店長が自分の財布から1万円を手渡したという。

 同署の調べによると、男は50代くらいで短髪。がっちりした体格でグレーのジャンパーを着ていた。

【関連記事】
「おやじ狩りしよう」強盗致傷容疑で2少年逮捕
深夜、温泉施設駐車場で40万円強奪 大分・日田
ゲーム喫茶に2人組強盗、60万円奪う 兵庫・姫路
スタンガン押し当てネックレス奪う 少年ら6人を逮捕 千葉
強盗が郵便局長刺し逃走 千葉・市川

<陸山会土地購入>石川議員「水谷建設元幹部と会ったかも」(毎日新聞)
天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明-衆院予算委(時事通信)
泣きながら「すみません」=再び「自白」のテープ再生-足利再審公判(時事通信)
<石川衆院議員>規正法違反容疑で逮捕…4億円虚偽記載(毎日新聞)
足利事件 テープ再生 「虚偽自白」生々しく(産経新聞)

<陸山会土地購入>水谷建設「さらに千数百万円」小沢氏側に(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、小沢氏側に04~05年に計1億円を提供したと供述している中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)の元幹部が「05年9月の衆院選前にも小沢氏側に資金提供した」と周辺に話していたことが分かった。提供額は少なくとも千数百万円に上り、元幹部は「選挙の陣中見舞いだった」と説明しているという。

 東京地検特捜部もこうした経緯を把握している模様で、水谷建設と小沢氏側の親密ぶりが改めて浮かんだ。

 水谷建設は04年10月に国発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県奥州市)の「堤体盛立工事」の下請け工事を受注。元幹部らは謝礼として同月、東京都内のホテルで、当時陸山会の事務担当者で小沢氏の私設秘書だった同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)=政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕=に5000万円を渡したと供述。05年3月には同ダムの「原石山材料採取工事」の下請け工事を受注し、やはり謝礼として小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)=同=に5000万円を渡したと供述している。

 このうち石川議員への5000万円は同時期の陸山会による土地購入(代金約3億5200万円)に充てられた疑いがあるとみて特捜部が調べを進めている。

 計1億円の提供を供述した元幹部の一人は、2度の資金提供とは別に「05年9月の衆院選前、小沢氏事務所の関係者に選挙の陣中見舞いを渡した。千数百万円程度だった」と周囲に説明していたことが新たに判明した。この選挙は、郵政民営化関連法案が参院で否決されたことを受け、当時の小泉純一郎首相が衆院を解散し急きょ行われた「郵政選挙」だった。二つの下請け工事の受注後間もないことなどから、その後も小沢氏側と良好な関係を構築しようとする狙いが水谷建設側にあったとみられる。

【関連ニュース】
陸山会土地購入:石川容疑者「小沢氏に事務処理を報告」
陸山会土地購入:「小沢氏に調達相談」 石川議員供述
土地購入事件:「5000万円提供指示」と水谷元幹部供述
陸山会土地購入:中堅ゼネコン2社を家宅捜索 東京地検
陸山会土地購入:胆沢ダム受注「小沢氏側が謝礼要求」

石川議員「起訴されないこと望む」=現時点で処分検討せず-鳩山首相(時事通信)
大潟のコメ削減、全量回復へ=農相の批判受け-秋田県(時事通信)
雑記帳 500系“引退”記念バウムクーヘン(毎日新聞)
大雪で北海道の8会場で試験繰り下げ センター試験(産経新聞)
「何回言われても分かりません」涙をまじえ、否認を貫く菅家さん(産経新聞)

在阪企業のサポートを=ベトナム国家主席と会談-橋本知事(時事通信)

 【ハノイ時事】ベトナム訪問中の橋下徹大阪府知事は22日、ハノイ市の国家主席府を訪れ、グエン・ミン・チェット主席と会談した。知事は「大阪の企業が進出した際には、サポートをお願いしたい」と述べ、関係強化を要請した。
 会談で知事は「国家主席が地方の代表である自分を迎えてくれたことは大変光栄」とあいさつ。21日にホーチミン市で政府関係者や地元企業を対象に行った「大阪プロモーションセミナー」について、「中央政府や市の協力で、成功に終わった。日本、大阪の企業はベトナムに可能性を感じている」と話した。 

福俵引き 七福神が家人と綱引き 大分・天瀬町高塚(毎日新聞)
カラオケ代払わず逃げる 容疑の暴力団員逮捕 埼玉・行田(産経新聞)
国民新党が総務省に通告「参政権法案は厳しい」(産経新聞)
改正薬事法、漢方薬の郵送販売禁止 嘆く利用者 店主危機感(河北新報)
高校卒業者の進学率 6年連続で過去最高(産経新聞)

内閣法制局長官に梶田氏(時事通信)

 政府は15日午前の閣議で、宮崎礼壱内閣法制局長官の勇退を認め、後任に梶田信一郎内閣法制次長を昇格させることを決めた。また、官房副長官補の福田進(内政担当)、林景一(外交担当)両氏を退任させ、後任に佐々木豊成財務総合政策研究所長、河相周夫外務省官房長をそれぞれ充てる人事も決めた。いすれも同日付で発令した。 

<陸山会土地購入>水谷建設社長が辞任 「健康上の理由」(毎日新聞)
福岡の裏金接待、知事名で職員に回答命令書(産経新聞)
派遣村 閉所 利用者の自立への道本格化へ(毎日新聞)
「非嫡出子」扱いを見直し=性同一性障害者夫婦の人工授精-法相(時事通信)
<男性不明>「埋めた」供述の場所捜索 鹿児島・栃木県警(毎日新聞)

東大より京大…不況反映で受験「地元・安全・資格」志向 (産経新聞)

 今年の大学受験の傾向は「地元」、「安全」、「資格」-。長引く不況で受験生の国立大学志向が強まるなか、そのなかでも首都圏の大学を目指す「上京志向」や「難関大志向」が薄れ、近いエリアから進学先を選ぶ「地元志向」や「安全志向」が目立つことが大手予備校「河合塾」(名古屋市)の分析で分かった。教育学部や看護学部の志望者が増えるなど「資格志向」も強まっているという。

 今シーズンの18歳人口は9年ぶりに微増し、受験人口は約74万4千人で昨年より0.8%増える。河合塾によると、昨年11月の模試で、国公立大学を志望する受験生は前年比で101%と増加。関西地区では京都大が104%と増えている一方、大阪大が93%、神戸大は96%と減少している。京大が増加は、例年なら東大を目指していた関西の受験生が地元志向で京大に回ったとみている。

 阪大、神大などを受験する層は、やや難易度の低い大阪府立大や大阪市立大などに志望校を変更している傾向がある。このほか、兵庫県立大、滋賀県立大などの公立大の人気も堅調で、地元、安全志向が顕著だという。

 これに対し、関西の私大の関西大、関西学院大、同志社大、立命大のいわゆる「関関同立」を志望する学生は前年比94%と減少。これに続く京都産業大、近畿大、甲南大、龍谷大も前年比93%と減っている。

 地元志向で四国や九州などからの受験生流入が減っていることや、安全志向で、受験校を絞り込むことが影響しているという。

【関連記事】
苦しいときの神頼み 受験、就職…“験担ぎ”事情
中学受験もラストスパート!計算力鍛え“キー科目”を制せ
不況で「地元」「資格」志向高く 大学入試シーズン突入
高校無償化、受験シーズン突入の私立に不安・不満
北乃きいキットサクラサク!受験生にエール

都議補選 自・民の一騎打ち(産経新聞)
「信じて、支えていく」石川議員の後援会長(読売新聞)
不合格者に合格書類 首都大東京、謝罪も「不合格は変わらない」(産経新聞)
鳩山首相、内閣官房刷新「以心伝心の仲間増やしたい」(産経新聞)
雷保護装置 発煙・発火で152万個リコール(毎日新聞)

小沢氏「意図的に法律に反する行為していない」(読売新聞)

 12日の定例記者会見での小沢民主党幹事長の冒頭発言は以下の通り。

          ◇

 昨年の春以来、私の政治団体の問題で、特に、報道もございまして、国民の皆様に誤解を与え、また、大変ご迷惑、ご心配をおかけしていることを大変申し訳なく思っています。

 この私の政治団体に関する問題は、まだ捜査が継続中ということもありますし、そのことは弁護士にすべて一任しておりますので、今この段階で、個別のことに私が言うことは差し控えるべきであろうと思っています。

 それはそれとして、以前から何度も申し上げている通り、私自身も、私の事務所の者たちも、計算上のミスやら、そういったものはあったかもしれないが、意図的に、法律に反するような行為はしていないものと信じております。

 また、ご承知のように、私の東京の後援会の事務所、盛岡の事務所などは、強制捜査の対象となっておりまして、すべての書類等々が押収されております。

 また、弁護士等を通じて、事実関係は話しています。

 今の段階で、私が申し上げるのは差し控えますが、検察当局においては、この問題についてはすべてご承知であると思っております。

外務省官房長に木寺氏(時事通信)
エコカー減税に懸念=米国務長官-日米外相会談(時事通信)
直木賞・白石さん「大嫌いな賞」の呪縛から解放(読売新聞)
子ども手当で6団体に要請へ=地方負担「謝罪」も-厚労相(時事通信)
<雅子さま>「1・17」震災追悼式典に出席へ(毎日新聞)

91歳男性が首都高速を逆走、4人死傷 東京・江東区(産経新聞)

 11日午後6時15分ごろ、東京都江東区大島の首都高速7号上り線で、逆走した千葉市若葉区更科町の無職、佐瀬喜一さん(91)の乗用車が、対向してきた乗用車と正面衝突した。佐瀬さんは全身を強く打ち搬送先の病院で死亡。対向車の3人が重軽傷を負った。

 警視庁高速隊と東京消防庁によると、対向車を運転していた八王子市の公務員男性(35)が軽傷、公務員の妻(35)と息子(5)が重傷を負った。

 同隊によると、佐瀬さんは千葉方面から首都高速で都内方向に走行。錦糸町料金所付近を越えたあとに本線上でUターンし、再び錦糸町料金所を越えて約1・3キロ逆送したという。

【関連記事】
昨年9月に続き無免許運転…懲りない市議を現行犯逮捕 茨城・笠間
シニアカーの65歳男性、踏切で電車にはねられ死亡 大阪・阪和線
はねた後、車に遺体乗せ7キロ ひき逃げで女子学生逮捕
群馬の民家火災 6歳園児不明に言葉失う
幼稚園送迎バスが追突、園児ら13人軽傷 茨城・常総

小沢氏「国民が理解したから政権与えてくれた」(読売新聞)
<成績情報>USB保存防止システム導入へ 都立学校(毎日新聞)
<連続不審死>婚活男性への詐欺容疑で再逮捕…埼玉県警(毎日新聞)
夫が元女性なら「非嫡出子」=人工授精で妻出産、扱いに差-法務省(時事通信)
丸ビルに甲冑がズラリ(産経新聞)

バットで殴り連続路上強盗、バイクの4人組(読売新聞)

 10日午後8時20分から同45分にかけ、奈良県葛城、御所、大和高田の各市で、4人組の男が通行人をバットで殴り、現金などを奪う事件が計4件起きた。

 犯行は半径約1・5キロの範囲で起きており、県警高田署は同一犯による連続強盗致傷・窃盗事件として捜査している。

 発表によると、10日午後8時20分頃、葛城市忍海の近鉄忍海駅近くの路上で、同市内のアルバイト店員男性(28)がバイク2台に分乗した4人組の男にバットで頭を殴られて、「金を出せ」と脅された。店員が拒否すると、そばにいた同市内の別の会社員男性(37)を脅し、約1万2000円を奪って逃げた。店員は軽傷。

 約15分後には、約1・5キロ南東の御所市東辻の路上で、自転車に乗っていた同市内のアルバイト店員男性(17)が、同様にバイクの4人組に突然バットで足を殴られ、約8000円入りの財布を奪われた。さらにその約10分後にも、約3キロ北の大和高田市内の路上で、葛城市内の女性会社員(33)がバイクの4人組に前をふさがれて自転車の前かごからバッグをひったくられた。

 4人は1メートル60~1メートル70。バットを持った男は黒いジャケットを着ていたという。

<普天間移設>社民政審会長が沖縄訪問 米総領事と協議(毎日新聞)
高橋洋一の民主党ウォッチ 民主「新成長戦略」のお粗末 産業政策なんかもうやめろ(J-CASTニュース)
乗用車がパトカー2台と衝突=公務執行妨害で男逮捕-盗難車で飲酒運転・警視庁(時事通信)
【阪神大震災】鎮魂「京連鶴」6434羽、妻を思い折り続け(産経新聞)
地域づくり総務大臣表彰(産経新聞)

<訃報>桜井英治さん88歳=元蝶理専務(毎日新聞)

 桜井英治さん88歳(さくらい・えいじ=元蝶理専務)6日、肺炎のため死去。葬儀は9日午前10時45分、兵庫県宝塚市売布東の町15の14の宝塚平安祭典会館。喪主は長男俊彦(としひこ)さん。

taskマニア
ゲール語で日本のニュースを読む
出会いランキング
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
ショッピング枠現金化

<最高裁判事>就任会見で横田氏「幅広い目で見ていきたい」(毎日新聞)

 6日付で最高裁判事に就任した元最高検次長検事の横田尤孝(ともゆき)氏(65)が最高裁で会見し、「身の引き締まる思い。一つ一つの事件について最も妥当な法の適用を目指してやっていきたい」と抱負を語った。

 検察時代には東京地検特捜部副部長や法務省の保護、矯正両局長を務めた。「多種多様な事件を担当し社会の実情をそれなりに見てきた。これまでの経験を踏まえ、(最高裁でも)幅広い目で見ていきたい」と述べた。

 広島高検検事長などを歴任し07年10月に次長検事で退官。その後は弁護士として活動していた。【銭場裕司】

終わりなき旅
うっかりプログラマー
無料携帯ホームページ
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 比較

<異物混入>スナック菓子袋に裁縫針(毎日新聞)

異物混入:菓子袋に裁縫針--沼津のスーパー /静岡

 沼津署は9日、沼津市東椎路の「スーパーマルトモ愛鷹店」(田中幸一店長)で、スナック菓子1袋の中に裁縫針1本が混入していたと発表した。けが人はなく、袋の包装に針を通したような穴が開いていたことから、同署は何者かが針を混入させた可能性があるとみて、威力業務妨害容疑で捜査している。

 同署によると、8日午後7時ごろ、沼津市内の女性(40)と長男(8)が同店で「姿イカフライ」1袋を購入。自宅に戻って長男が袋を開けたところ、長さ約4センチの裁縫針が中に入っているのを発見したという。

 同署の調べでは、針が入っていたスナック菓子は昨年12月初めごろ同店に搬入され、同時期に店頭に陳列されたという。

 女性からの苦情を受け、同店は8日夜に沼津署に通報。店頭にあった同種の商品6袋は撤去し、包装してあるすべての食品について穴が開いていないか調べたが、今のところ異常は見つかっていないという。【田口雅士、山田毅】

【関連ニュース】
異物混入:おでんパックに縫い針 千葉のスーパー4店舗で
異物混入:菓子袋に裁縫針--沼津のスーパー /静岡
110番受理状況:昨年、7年連続減少 無効件数8%増、無言電話過半数 /青森
威力業務妨害:滑り台の周りに50本のくぎ散乱--尼崎・西浦公園 /兵庫
岡山・北区のにせ爆弾:容疑者を起訴--地検 /岡山

しんたろうのブログ
タクシー運転手のまたーりぶろぐ
クレジットカード現金化 比較
ネイルサロン
クレジットカード現金化

琵琶湖で釣り上げ、ブラックバス世界最大認定(読売新聞)

 釣りの普及を図り、釣魚の記録認定を行う「国際ゲームフィッシュ協会」(本部・米フロリダ)は8日、昨年7月に琵琶湖で釣り上げられた10・12キロのブラックバスを世界最大(タイ記録)に認定した。

 釣り上げたのは、愛知県春日井市の会社員栗田学さん(33)。これまで世界最大は1932年に米ジョージア州の湖で釣り上げられた10・09キロだった。2オンス(約56・7グラム)以上の差がないため、規定により、タイ記録となったという。

 琵琶湖の大物は昨年7月2日、生き餌のブルーギルを使って釣り上げたもので、体長73・5センチ。釣り歴18年の栗田さんは、日本時間の9日未明、インターネットで同協会の発表を見た。77年ぶりとなる快挙に「世界記録はずっと狙っていた。そんな魚がいる琵琶湖で釣りができるのは素晴らしい」と話した。魚は剥製(はくせい)にしており、釣り具店のイベントなどで展示するという。(国際部 寺口亮一)

楽園をみつけよう
ラベルの戯れ
無料携帯ホームページ
無料ホームページ
クレジットカード現金化 還元率

外国人参政権法案「錦の御旗として今国会で実現」 民団の新年会で民主・山岡氏(産経新聞)

 民主党の山岡賢次国対委員長は12日、都内のホテルで開かれた在日本大韓民国民団(民団)中央本部の新年会で、永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案について「一日も早く国会に出てくるようにバックアップし、今国会で実現するよう錦の御旗として全力で取り組む」と述べた。また、山岡氏は小沢一郎幹事長が11日の政府・民主党首脳会議で「日韓関係を考えて政府が法案を出すべきだ」と述べたことを紹介。会場からは拍手がわき起こった。

 同じく出席した中井洽国家公安委員長・拉致問題担当相は「立派な法案を作って今国会で成立させ日韓友好を増進させたい」と強調。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「社民党も先頭に立って一緒に成立させたい」と述べた。公明党の浜四津敏子代表代行は「参政権の問題は当初から取り組んでいる。力強く地道に必ず参政権の問題を解決する」と語った。

 一方、鄭進団長は「2010年が明るい未来への象徴として永住外国人への地方参政権付与の年となれば、これにまさる喜びはない。通常国会で日本世論の祝福のもとに実現することを願う」と期待感を表明した。

【関連記事】
参政権法案、自民・大島氏は反対姿勢
「憲法違反という人いる」 外国人参政権法案で官房長官
外国人参政権法案 山岡氏「通常国会で必ず成立」
亀井氏、外国人参政権「小沢氏はごり押ししないと思う」
外国人参政権法案で小沢氏「通常国会で現実に」 韓国に言質、党内に反発も

カメラマンのお仕事
すべらんなー
カードでお金
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 比較

<国会図書館>ネット資料、無許諾で収集へ 法改正で可能に(毎日新聞)

 国立国会図書館は来年度から、ホームページ(HP)など公的機関のインターネット資料について許諾なしでの収集を始める。これまで管理責任者の許諾を得てから収集していたが、許諾依頼に対して未回答が約3割もあるなど収集率が思わしくなく、昨夏に法律を改正した。同館は「日々更新されるネット情報は消失の可能性も高く、収集を加速させたい」としている。

 同館によるネット情報収集は、ネット上だけで公開される情報が年々増加していることを受け、02年度から始まった。06年からはインターネット情報選択的蓄積事業(WARP)として本格的に事業化。08年度末までに、国の機関、都道府県、政令指定都市、合併協議会、大学、電子雑誌など4328件を収集した。

 収集にあたっては、無断での複製を禁じる著作権法を考慮して管理責任者の許諾を条件としたが、相手方からなかなか回答がないなど作業は難航。依頼文書送付は再送付も含めて6573回にもなり、例えば、国の機関のHP収集でも、123回の依頼に対して回答があったのは80件だった。業務を担当する関西館(京都府精華町)の電子図書館課は「団体によってはサイト管理部門が複数あり、調査が大変だったのでは」と話す。

 昨年7月に成立した改正国会図書館法などでは、公的機関が提供するネット情報を許諾なしで収集でき、今年4月から施行される。佐藤毅彦・電子図書館課長は「民間のネット情報収集は対象外で課題として残っているが、関係機関に制度趣旨の周知を図っていきたい」と話している。【藤田健志】

【関連ニュース】
ダビング10:東芝社員に罰金100万円 解除ソフト販売
著作権法違反容疑:読売旅行と社長ら書類送検
釣りゲーム:グリーが「画面が酷似」と同業者を提訴
ダビング10:解除ソフト販売容疑で東芝社員逮捕 全国初
8月号

えいいちのブログ
2000年入社
カードでお金
ショッピング枠現金化
現金化

「がん対策」予算は79億円増の316億円(医療介護CBニュース)

 厚生労働省が発表した来年度予算案の概要によると、「がん対策」の計上額は316億円で、今年度当初予算(237億円)に比べて79億円の増額となった。このうち健康局は143億円を計上し、新規事業として「がん医療に携わる医療従事者の計画的研修事業」(1億9900万円)、「がん医療の地域連携強化事業費」(2億7800万円)などを盛り込んでいる。

 健康局は新規事業として、医療従事者の計画的研修事業、地域連携強化事業費のほか、「女性特有のがん検診推進事業」に75億7400万円、「がん対策評価・分析経費」に1900万円を計上。

 「がん対策評価・分析経費」では、がん患者の目線で、現在実施されているがん対策のどこに満足し、どこが足りないと感じているのかを評価してもらい、その結果を分析することで、がん患者や家族にとって本当に必要な施策を確認し、継続すべき事業や新たな課題などの検討を行う。
 また「がん医療に携わる医療従事者の計画的研修事業」では、化学療法専門医や放射線治療専門医など、がん医療に従事する医療者がどこに配置されているのかなどの実態把握や海外の情報などを基に、その必要数や充足状況を把握。不足している地域や職種を確認して、計画的な養成方策などの検討に役立てる。
 厚労省の担当者によれば、患者による対策評価の結果と共に、早ければ2011年度以降の予算要求や施策に反映させたいとしている。

 「がん医療の地域連携強化事業費」は、いわゆる「がん難民」が大勢おり、自分の納得する医療を受けられない患者もいるとのがん対策推進協議会からの指摘も踏まえ、新たに計上。
 地域の医療機関、緩和ケア病棟などの情報を把握し、がん患者の意向を踏まえた上で、地域の中で利用可能な、患者にとって適切な医療サービスなどを紹介するため、非常勤医師や看護師から成る「地域連携コーディネーター」を配置して、がん患者が安心・納得できる体制の構築を支援する。


【関連記事】
がんの超早期診断・治療技術の研究開発に12億円-経産省予算案
未承認薬などの審査迅速化に9.6億円―来年度医薬食品局予算案
救急・周産期医療の支援に重点―医政局予算案
医療・介護に11兆円―来年度予算案で厚労省
社会保障関係費が5割以上―来年度予算案を閣議決定

海釣りキャプテン
タマの玉手箱
パチンコ攻略
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化 比較

<茶>白衣の研究員が「日本一早い」初摘み 京都・木津川(毎日新聞)

 関西文化学術研究都市にある「福寿園CHA研究センター」(京都府木津川市)の温室で5日、茶の初摘みが行われた。年中新茶が取れる技術の研究に取り組む同センターが「日本一早い」と銘打って実施。白衣の研究員が温室育ちの茶葉を丁寧に摘み取った。

 約100平方メートルの温室で「ごこう」「やぶきた」の2品種を培養液で育てている。昨年11月から夜間蛍光灯を点灯して深い休眠に入らせないようにし、暖房で25~30度に保ち、生育を促していた。

 同センターは「冬の日照に恵まれて順調に生育し、ミスト(細霧)も発生させて、柔らかな茶葉に育った。まろやかな味と新芽のさわやかな香りが期待できます」と太鼓判。摘んだ茶葉は、福寿園宇治工房(同府宇治市)で手もみ製茶され、同日午後、招待客に振る舞われる。【三野雅弘】

【関連ニュース】
<いざ始動>初生け式:門弟1300人、国内外から 京都・池坊
<いざ始動>書き初め:3300人が今年の思い筆に込め 東京・武道館
<いざ始動>初競り:大間産マグロに高値1630万円 東京・築地
<いざ始動>トラフグ:トラ年に! 山口・下関で初競り
<いざ始動>初売り:百貨店などで始まる 2010万円のロボット福袋も

f4iwj2m3のブログ
ラベルの戯れ
現金化
クレジットカード現金化 還元率
現金化

根絶宣言30年 天然痘に学ぶ感染症対策(産経新聞)

 □元WHO対策本部長・蟻田功さんに聞く

 ■効率的戦略 成否の鍵

 世界保健機関(WHO)が「天然痘根絶」を宣言してから、今年で30年になる。人類が感染症に打ち勝った唯一のケースだ。国際プロジェクトを指揮したリーダーの一人が、WHOの世界天然痘根絶対策本部長を務めた蟻田功さん(83)だ。新型インフルエンザやエイズなど今も続く感染症との戦いについて、蟻田さんは「いかに効果的な戦略が立てられるかが、成否の鍵だ」と語る。(伊藤壽一郎)

                   ◇

 1962年、厚生省(当時)からWHOに出向した蟻田さんは、西アフリカのリベリアで天然痘根絶へ向けた調査研究に携わった。

 病院も保健所もない密林地帯で、2、3日のうちに230人もの患者に会った。「患者の数が分からないから、作戦の立てようがない」。致死率が20%にものぼる「悪魔の病」を抑える有効な対策は、ワクチン接種(種痘)による予防だけだ。「天然痘という病気そのものを、地球上からなくしてしまうしかない」

 ≪封じ込め作戦≫

 2年間のリベリア赴任を終えた蟻田さんは厚生省には復帰せず、ジュネーブのWHO本部で、本格的に天然痘根絶計画に取り組んだ。当時の患者数は年間3千万人、死者は600万人以上と推定される。

 WHOは58年に天然痘根絶計画を決議したが、成果ははかばかしくなかった。蟻田さんらが立案した強化対策が新たに決議され、66年に世界天然痘根絶対策本部が設置された。しかし、関係者の間でも「根絶は不可能」という悲観論が強く、WHO本部から加わったメンバーは蟻田さんを含めて4人。年間予算はわずか240万ドルだった。

 能率を上げなければ、道は開けない。蟻田さんは「従来のルールにとらわれず、方針を変えよう」と決断。全住民を対象としていたワクチン接種を、患者を見つけ出して周辺住民に集中的に接種する方法に切り替えた。天然痘は人間だけに感染し、症状はひと目で分かる。患者を目印として、ウイルスを封じ込める作戦だ。

 わずか2年で西・中央アフリカでの根絶に成功した米国チームに習い、WHOも封じ込め作戦を導入。ブラジル、インドネシアなどで効果を挙げ、67年に44カ国だった常時流行国は、73年に11カ国まで減った。

 ≪戦争と官僚主義≫

 「最大の敵は、戦争と官僚主義だった」と、蟻田さんはいう。最大流行国のインドでは、官僚主義に悩まされた。効果が挙がらない全住民接種から、封じ込め作戦への方針転換を、インド側が受け入れなかった。「100%接種をやめて患者が出たら、だれが責任を取るのか」。役人の保身にしかならない前例主義を崩せず、蟻田さんは失望してインドを去った。

 そのインドが73年、一転して封じ込め作戦を受け入れた。前年のWHO総会。インド代表は「アフリカへの国際保健協力に大いに貢献したい」と演説したが、ガーナ代表が「天然痘も根絶できない国に何ができるのか」と応じた。「わが国の保健省は何をやっているのか」。インディラ・ガンジー首相の怒りが“天の声”になった。

 2年後の75年にはインドで最後の患者を確認。「さすがに感慨深かった。もうひと息だと思った」

 ≪最後はソマリア≫

 バングラデシュでは、印パ戦争(70~72年)後にインドから難民が流入し、根絶作戦が振り出しに戻った。仲間がゲリラに拘束されたこともある。根絶チームは、命がけでウイルスを追いつめ、最後に残ったのが東アフリカだった。

 76年9月、エチオピアでの作戦が終わり、WHO本部では根絶宣言の準備を進めていた。「隣国のソマリアで、天然痘らしい患者が見つかった」。一報を聞いて、蟻田さんはすぐに現地に飛んだ。国境の紛争地帯に未知の流行地があるらしい。流行は翌年まで続いた。77年10月に確認したソマリア人の若者が、世界最後の天然痘患者となった。

 80年5月、蟻田さんはWHO総会で73カ国、680人が参加した国際チームを代表して宣言した。

 「天然痘は地球上から根絶され、再び人類の病気として帰ってくることはない」

                   ◇

 ■人類の貴重な経験生かせ

 郷里の熊本市で暮らす蟻田さんは、地球規模で流行中の新型インフルエンザについて、「日本は天然痘根絶から得られた教訓をもっと生かせるのではないか」と感じている。

 たとえば、ワクチン量産が間に合わず、大半を輸入に依存しているにもかかわらず、当初は子供40~50人分に当たる10ミリリットルのアンプルで供給され、小規模な診療所では、かなりの量が無駄になった。

 「天然痘ワクチン接種で無駄をなくす基本は1アンプルの容量を少なくすることだった。世界では常識なのだが…」

 感染症対策では、能率的な戦略を立て、徹底的に実行することが大切だ。不可能といわれた天然痘根絶計画を成功に導いたのは、正義感が強く、頑固で妥協しない「肥後もっこす」の気質だった。

 天然痘根絶チームは、政治、宗教、差別などあらゆる障害を乗り越えて、「人類は協力し合える」ことを示した。感染症対策、地球温暖化問題などの人類共通の課題に、私たちはどう取り組んでいくのか。蟻田さんは「もう一度、人類の貴重な経験から学んでほしい」と話している。

                   ◇

【プロフィル】蟻田功

 ありた・いさお 1926(大正15)年5月、熊本市生まれ。50年熊本大医学部卒業、厚生省公衆衛生局厚生技官。62年世界保健機関(WHO)アフリカ事務局へ出向。64年同ジュネーブ本部。66年世界天然痘根絶対策本部に参加。77年に同本部長。85年に帰国し、国立熊本病院院長、国際保健医療交流センター理事長などを歴任。主な受賞歴は朝日賞(81年)、日本国際賞、熊本県民栄誉賞(88年)、オズワルド・クルズ賞(95年)。

                   ◇

【用語解説】天然痘

 ウイルスを病原体とする感染症の一つ。人間だけが感染・発病し、飛沫(ひまつ)や接触による感染力は非常に強い。全身に豆粒状の膿疱(のうほう)ができ高熱が続く。毒性の強いタイプと弱いタイプのウイルスがあり、強毒性の致死率は20%以上とされる。約3000年前のエジプトのミイラから、感染の痕跡が確認されている。日本には6世紀ごろ、朝鮮半島経由で入ってきたとみられ、伊達政宗や春日局も罹患(りかん)したといわれる。

e9ezj0rsのブログ
りょうじのブログ
クレジットカード現金化
現金化
携帯ホームページ
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。